NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

10/27 感想シェア会② 実施報告

   

あごうさとし『ペンテジレーア』
上演会場:THEATRE E9 KYOTO

総会や交流会に続き、感想シェア会でもオンライン開催を試みました。対象作品はTHEATRE E9 KYOTOで上演されたあごうさとしさん演出の『ペンテジレーア』。公演千秋楽翌日に実施したシェア会には、9日間9ステージという長丁場を終えた演出家・あごうさんにもご参加いただくことが叶いました。参加者の中には、今回のシェア会のためにアプリをインストールして初zoomにトライしてくださった方も。

劇中に出てきた「食べてしまいたいほど愛している」という感情に共感できるかどうか? といった議論や、印象的だった舞台美術についてなど、話題は尽きません。あごうさんがいらっしゃったこともあり、公演期間中の変化や、作品の裏テーマを語っていただく場面もありました。タイトルロールのペンテジレーアを演じられたマリーハーネさんが今回の作品が初舞台だ、とあごうさんから明かされると、一同驚き! 彼女のエネルギーに励まされた、という声もありました。

感想シェア会の様子(ビデオミュートの参加者の方も)

これまでの感想シェア会は特定の回の終演後に劇場近くで実施していたため、それ以外の日に作品を観られる方には参加いただけなかったのですが、今回は公演期間後のオンライン開催。それぞれ異なる観劇日の参加者が同じ作品について話し合うことができました。新型コロナウイルス感染症拡大防止というだけでなく、オンライン開催ならではの利点を発見できたのは、今後の感想シェア会にとっても収穫だったように思います。

(担当:理事長 和田)

 - 2020年度事業, 事業関連

  関連記事

3月ダンスWS講師・夏目美和子さんインタビュー

3月の「俳優のためのダンスワークショップ」はダンサー・振付家の夏目美和子さんを講 …

「俳優のためのダンスワークショップ」5月のお知らせ

5月のワークショップ「ふれることから」 生きてこの身体ある限り、「触れること」は …

12/9 感想シェア会③ 実施報告

  2019/12/09 したため『擬娩』  会場:Thea …

佐藤健大郎氏(ダンスWS6月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

金塗りから始まったダンス体験 高杉:それでは今日は色々質問させていただきますよ。 …

「俳優のためのダンスワークショップ」7月のお知らせ

7月のワークショップ「舞台上に立て、歩け、止まれ。」 俳優は内面が大事。と、共に …

2020年度交流会②「舞台芸術の行く先」(10/6)

京都舞台芸術協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行って …

「俳優のためのダンスワークショップ」3月のお知らせ

3月のワークショップ 講師:夏目美和子/ダンサー・振付家 「味わいのある佇まい」 …

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …

no image
「俳優のためのダンスワークショップ」4月のお知らせ

4月のワークショップ「人と繋がるボディワーク」 ダンスのボディワークを通して、自 …

「俳優のためのダンスワークショップ」6月のお知らせ

6月のワークショップ「線、感、触」 「身体で考える」とはどういうことでしょうか? …