NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

2020年度交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.3」(7/16)

   

2019年の交流会の様子

京都舞台芸術協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行っています。近年では各回ごとにテーマを定め、出会いとアイディアのハブとしても機能しはじめています。

2020年初回の交流会は、2018年度・2019年度と好評だった「京都の創作環境」をテーマに開催します。過去2回では、京都における創作環境の発展をミッションとした団体・施設のスタッフを中心に、実演家や学生まで、幅広い方々に参加していただきました。同テーマ第3回目となる今回も、引き続き新しい出会いとネットワークづくり、あるいは再会と熱い議論のプラットフォームとなるべく、「京都という創作環境をめぐる vol.3」を開催します。

今回は新型コロナウィルス感染症拡大の状況を鑑み、交流会事業初めてのオンライン開催を試みます。こういった事態だからこそ、ディスプレイ越しにでも顔を合わせてそれぞれの状況をシェアしあえる場として、さまざまな立場のひとに交流会を活用していただければと思っています。協会員の皆様はもちろんのこと、非協会員の皆様も、ぜひご参加ください。「京都の状況を知りたい!」という他地域の方の参加も歓迎です。

NPO法人京都舞台芸術協会 2020年度交流会①
「京都という創作環境をめぐる vol.3」

日時:7月16日(木)20:00-22:00

会場:オンライン会議ツール「zoom」ミーティングルーム

参加費:無料

お申し込み
【7月15日(水)まで】にメールもしくは専用フォームよりお申し込みください。専用フォーム⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/006a7350667614
メール⇒ info@kyoto-pa.org まで、以下を明記の上お送りください。
1)お名前 2)ご所属(あれば) 3)メールアドレス

※参加申込みのあった方に、zoomミーティングルームの入室用情報をご案内いたします。
※パソコンやスマートフォン、webカメラ、マイク、インターネット回線など、zoomを安定的に利用できる環境をご準備お願いいたします。
※進行は、乾杯、自己紹介、ブレイクアウトルーム(少人数)でのフリートーク等を予定しています。

 - 2020年度事業, 事業関連, 募集、告知

  関連記事

「俳優のためのダンスワークショップ」7月のお知らせ

7月のワークショップ「舞台上に立て、歩け、止まれ。」 俳優は内面が大事。と、共に …

THEATRE E9 KYOTO ×京都舞台芸術協会ショーケース企画 “Continue” 関連企画(随時更新)

新型コロナウィルス感染症拡大防止のために5月の実施が延期となったTHEATRE …

no image
「俳優のためのダンスワークショップ」4月のお知らせ

4月のワークショップ「人と繋がるボディワーク」 ダンスのボディワークを通して、自 …

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …

【共催】演劇ビギナーズユニット

京都市東山青少年活動センターが主催する「演劇ビギナーズユニット」、昨年は新型コロ …

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」 鈍い身体に未来は無い。というのは …

舞台芸術家のための契約書作りワークショップ_参加募集

舞台芸術協会では2019年8月18日「舞台芸術家のための契約書作りワークショップ …

佐伯有香(11月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

  型は安心、自由は不安 高杉:今回、「振付」でやっていただけるという …

【オンライン配信】『劇場にいる時間を8時間におさめる』試みについての報告会

2021年4月下旬にTHEATRE E9 KYOTOで上演されたショーケース企画 …