NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

9/15 感想シェア会① 実施報告

      2019/10/15

9月15日(日)に、感想シェア会の第一回を実施しました。

<対象公演>
 
安住の地『Qu’est-ce que c’est que moi?(ケスクセクモア)』
会場:Theatre E9 Kyoto


観劇後、劇場に併設されたカフェのテラス席で感想シェア会を開催しました。
まずは会の趣旨の説明のあと、以下を実施しました。

●今回の作品が音楽劇だったことにちなんで、「今回の芝居を、音(もしくは音楽)で例えるとどんな音ですか?」というテーマを設定してみました。
書けたら、一人ずつ発表していきます。具体的な物音や、実際に劇中で使われていて印象に残った音・音楽をあげた方もいました。


●フリートーク
作品の感想や、気になったシーンについて意見を交わしました。俳優、演出、スタッフワークについて、同じシーンを観ても、人によって焦点を当てる部分が異なります。シーンごとの演出の意図や創作のプロセスについて、上演団体のメンバーに聞いてみたいという声もあがりました。

参加者が変われば、そこで話される内容も全く違うものになるでしょうし、観たものを複数人で言語化・シェアすることで鑑賞体験が深まり、次回以降の鑑賞にも生きてくるのではないかと思いました。

次回、感想シェア会は以下の対象公演で行う予定です。
日程が決まり次第、またウェブサイトやSNS等でも告知しますので、皆さまぜひご参加ください。

【第2回対象公演】11月27日(水)〜12月1日(日)
 第27次笑の内閣 『ただしヤクザを除く』@Theatre E9 Kyoto

【第3回対象公演】12月6日(金)〜12月9日(月)
 したため#7 『擬娩』 @Theatre E9 Kyoto

担当:中谷

 - 2019年度事業, 事業関連

  関連記事

「俳優のためのダンスワークショップ」5月のお知らせ

5月のワークショップ「ふれることから」 生きてこの身体ある限り、「触れること」は …

「俳優のためのダンスワークショップ」11月のお知らせ

11月のワークショップ「振付とおどる」 振付の各シークエンスに潜む情報を少しずつ …

「俳優のためのダンスワークショップ」4月の回

NPO法人京都舞台芸術協会主催で2015年度丸一年がかりで「俳優のためのダンスワ …

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」 鈍い身体に未来は無い。というのは …

no image
「俳優のためのダンスワークショップ」4月のお知らせ

4月のワークショップ「人と繋がるボディワーク」 ダンスのボディワークを通して、自 …

3月ダンスWS講師・夏目美和子さんインタビュー

3月の「俳優のためのダンスワークショップ」はダンサー・振付家の夏目美和子さんを講 …

佐伯有香(11月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

  型は安心、自由は不安 高杉:今回、「振付」でやっていただけるという …

【終了しました】京都舞台芸術協会交流会② 東山コミュニティカフェ 「京都の学生演劇のイマ!」

「京都の学生演劇のイマ!」 東山青少年活動センターとの合同企画で、東山コミュニテ …

no image
2018年度後半の事業チラシ完成のお知らせ

2019年度後半の事業のお知らせをまとめたチラシを作成いたしました。 11月 な …

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …