NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

7/12 交流会「京都という創作環境をめぐる vol.6」開催レポート

   

中間支援組織や施設で働く方々と実演家をつなぐ場として毎年7月に企画している交流会「京都という創作環境をめぐる」は、6年目を迎えました。初回と二回目は居酒屋での飲み会スタイルでしたが、2020年以降はオンラインで開催を続けています。同じ空間を共有してわいわい交流していた場を再び、と思う気持ちももちろんありましたが、一方でオンラインは居住地を問わず参加していただけるのが魅力でもあり、今年も7月12日(水)の夜にオンラインにて開催しました。

開催概要はこちら

参加者は、途中参加/退出の方も含めると23名。京都のほかに、滋賀、静岡、東京、北海道とさまざまな地域から参加していただきました。お子さんのお世話をしつつ、飛び込みで入ってきてくださった方も。
会は、理事長・和田からの簡単なご挨拶に続いて、乾杯と記念スクリーンショット。そのあと、お一人ずつ自己紹介として、お名前とご所属(あれば)、それから三つのお題のうちひとつを選んで一言コメントをいただきました。お題は「交流会に来た目的」「長期的な夢や野望」「自分にとって京都は◎◎なところ」。京都は自転車の街、という人がいれば、バスの街、という声もあがったり。猫を飼うという野望を抱く人がいる一方で、将来イタリア公演をしてみたいという夢も語られるなど、短いコメントでもわいわい盛り上がりました。

思い思いの飲み物で乾杯の様子

自己紹介のあとは、zoomのブレイクアウトルーム機能を使い、小グループに分かれてフリートーク。京都での滞在制作と公演を予定している劇団の方の宿泊場所を考えるグループや、いま本当に有効な広報ツールとは何かディスカッションするグループも。それぞれが活動している地域の特徴もよく話題にあがりました。
最後には、みなさんの今後の活動を宣伝していただく時間を設けました。オンラインでは名刺交換こそできませんが、チャット欄を活用して公演情報や連絡先をシェア。予定終了時間の22:00で一度全体を締めたあとも、ミーティングルームをしばらく残しているとゆるやかに二次会のような雰囲気に。ここで次の現場の当日運営スタッフ集めの策を立てた方もいらっしゃいました。

オンライン化以降、京都やその近郊で活動する人たちのネットワークづくりと同時に、他の地域の方が京都について気軽に情報収集できる場としても、この交流会が活用されているように感じます。これまでの成果を踏まえつつ、今後の発展もじっくり考えていきたいと思います。

文責:和田ながら

 - 2023年度事業, 事業関連

  関連記事

2018年度交流会②「京都の学生劇団のイマ!」のお知らせ(9/13)

NPO法人京都舞台芸術協会 2018年度交流会②のおしらせ 9月の交流会は、東山 …

no image
2018年度後半の事業チラシ完成のお知らせ

2019年度後半の事業のお知らせをまとめたチラシを作成いたしました。 11月 な …

12/9 感想シェア会③ 実施報告

  2019/12/09 したため『擬娩』  会場:Thea …

交流会「月1だべりば」〈9月〉

月に1度、協会主催で気軽なおしゃべりの場所を設けています。目的も生産性もなくて大 …

【実施報告】京都市いきいき市民活動センターの利用料金化に関する意見交換会

京都市いきいき市民活動センターの利用料金化に関する意見交換会実施日:3月9日(火 …

【実施報告】”あなた”と”表現”を生かす「からだの使い方」──アレクサンダー・テクニックにできること 2022(2022.9.5)

2022年9月5日、俳優のためのワークショップ企画「”あなた&#82 …

インターンシップ生 芸術準備室ハイセン訪問レポート

2024年1月、インターン生は芸術準備室ハイセン(以下、ハイセン)を訪れました。 …

【共催】PARA「京都アート拠点ツアー」

※本事業の開催は中止となりました。

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …

京都舞台芸術協会交流会② 東山コミュニティカフェ 「京都の学生演劇のイマ!」

京都舞台芸術協会交流会② 東山コミュニティカフェ「京都の学生演劇のイマ!」 舞台 …