NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

【イベント】感想シェア会①【2020年8月1日(土)】

   

感想シェア会は、作品についての感想を終演後に参加者同士で共有する会です。

舞台作品を鑑賞し、鑑賞者それぞれの中に生まれるイメージや感覚、疑問や違和感、そうしたものを自身の中に留めず、他人とシェアしていくことで、参加者自身にとっても新しい視点の発見や感じ方の広がりにもつながり、作品にとってもさらなる広がりを見せることにもなるでしょう。共に意見を交わしながら、作品を観ることで生まれる思考や発想を言葉で表現してみませんか。

2019年度の開催の様子

2020年度の第1回目となる今回は、ロームシアター京都で上演する、チェリスト・中川裕貴『アウト、セーフ、フレーム』の公演で開催します。演劇作品ではありませんが、これまで舞台芸術作品にも多く参加している中川氏の作品は音楽のコンサートの枠にはおさまらない表現に挑戦しています。

☆新型コロナウィルス感染症対策のため、今回の開催は10名程度の定員を設け、事前予約制といたします。

————
○公演:ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム”KIPPU”
   中川裕貴『アウト、セーフ、フレーム』
○日時:8月1日(土)13:00 の回の終演後
○会場:ロームシアター京都 サウスホール 1階ロビー
○定員:10名程度
○参加方法:要事前予約
○予約フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7a88afa0672659

○当日の流れ
1.当日は終演後、劇場出入口付近までお越しください。
2.新型コロナウィルス感染症対策のため、主催者より終演後の劇場ロビーでのご面会やお待ち合わせは、ご遠慮いただくよう案内が出ております。ご参加される方は一旦サウスホールを出ていただき、待機場所にてご待機いただきます。
3.他のお客様のご退場後に感想シェア会会場のサウスホール1階ロビーへ再度ご移動いただきます。

※中川裕貴『アウト、セーフ、フレーム』をご観劇になった方(チケットをお持ちの方)にご参加いただけます。※当日は、京都舞台芸術協会のスタッフのものがご案内いたします。
※ご参加の方はマスクの着用をお願いいたします。
※参加者同士の距離を十分に保ったうえで、感染予防に十分に留意しながら開催いたします。

ご面倒をお掛け致しますが、感染予防にご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 - 2020年度事業, 事業関連, 募集、告知, 未分類

  関連記事

2018年度交流会②「京都の学生劇団のイマ!」のお知らせ(9/13)

NPO法人京都舞台芸術協会 2018年度交流会②のおしらせ 9月の交流会は、東山 …

“Continue” プレトークイベント「はじめる・つづける・つなげる」

開催延期からおよそ1年。この間、4組の参加アーティストと劇場は対話を続けてきまし …

2020年度交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.3」(7/16)

京都舞台芸術協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行って …

【講演とワークショップ】“あなた”と“表現”を生かす『からだの使い方』──アレクサンダー・テクニックにできること

「からだの使い方」に目を向け、自分と表現のまだ見ぬ可能性を探る講演とワークショッ …

no image
「俳優のためのダンスワークショップ」4月のお知らせ

4月のワークショップ「人と繋がるボディワーク」 ダンスのボディワークを通して、自 …

3/17-18 コビト大学終了しました!

先日、子どもワークショップ事業「コビト大学」のイベントが昨年に続き、盛況のうちに …

【実施報告】座談会「舞台芸術における”働き方”とはなにか」(2021.1.25実施)

2021年1月25日(月)、THEATRE E9 KYOTOにて、座談会企画「舞 …

舞台芸術家のための契約書作りワークショップ_参加募集

舞台芸術協会では2019年8月18日「舞台芸術家のための契約書作りワークショップ …

佐伯有香(11月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

  型は安心、自由は不安 高杉:今回、「振付」でやっていただけるという …

2020.11.23 俳優向けWS「”あなた”と”表現”を生かす『からだの使い方』──アレクサンダー・テクニックにできること」実施報告

去る2020年11月23日、俳優のためのワークショップ企画「”あなた …