NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

【実施報告】舞台芸術と「トリガーアラート」について考えるレクチャー&ワークショップ

   

昨年度より、観客/作品/作り手を守るための学びと対話の機会を、京都芸術センターと京都舞台芸術協会の共同主催で設けています。今年度のテーマは、近年認知度が高まっている「トリガーアラート(=トラウマ体験を刺激する可能性のある表現についてあらかじめ周知すること)」。現役の精神科医であり、精力的に演劇活動を展開されている世界劇団の本坊由華子さんを講師にお招きし、レクチャーとワークショップを3月5日に実施しました。

舞台芸術への関わり方や世代もさまざまな参加者19名が京都芸術センターの大広間に続々と集い、18:45から本坊さんのレクチャーがスタート。
レクチャーの前半では、福井の劇団・さよならキャンプが公開している「観劇あんしんシート」をはじめ、ここ数年でトリガーアラートの実施が広まっている現状を確認。そして、WHOの統計をもとに、トラウマ体験を抱える人の割合、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の生涯有病率(一生のうちに一度は病気にかかる人の割合)、主な症状、治療法が紹介されました。特に、PTSDの生涯有病率が1.3%であるというのは、一度の入場者が数十人であったとしても公演全体では数百人といった人数を観客として迎えることがありうる小劇場の現場では、決して無視できない数字であると言えます。また、戦争、身体的暴行、性的暴行、災害などトラウマ体験に関わる事象を項目立てていくと、そのほとんどが芸術表現の中でも多く取り上げられるモチーフでもある、ということが示され、トラウマ体験と芸術の密接な関係にあらためて気付かされました。
レクチャー後半では、トリガーアラートの有無がトラウマ体験を抱える観客にとって(あるいは抱えていない観客にとって)どのように作用するのか、本坊さんご自身の作品での体験も例に引きつつ、さまざまな可能性を提示していただきました。

レクチャー後は短い休憩をはさみ、「アラートの項目について」「告知の方法について」「フリートーク」などのトピックに分かれて参加者がディスカッション。オンラインで収集した事例をもとに協会が作成した資料も参照しつつ、どのテーブルも時間いっぱいまで活発な意見交換が展開されました。最後に各テーブルでどんな議論があったかが全体にシェアされましたが、短い時間だったにも関わらず、アラートで挙げられている項目から喚起される想像力、広報とも連動した効果的な情報提供のあり方、実際の運用にあたっての課題、舞台芸術の鑑賞環境の特殊性、普及にともなう形骸化への懸念、観客の立場からの期待など、書ききれないほどの論点が挙げられました。

精神科医としての専門的な知見と実演家としてのご経験を重ね、充実したレクチャーをしてくださった本坊さん、高い意欲でプログラムに参加してくださったみなさんに、感謝いたします。また、本事業の準備にあたり、「観劇あんしんシート」についてヒアリングに応じてくださったさよならキャンプさんにも、あらためて感謝申し上げます。

今後も、知識を深め、唯一の「答え」を導くためでなく、それぞれの現場においてどのような実践がありうるかをひとりひとりが主体的に考えられる場をつくれるよう、協会も尽力して参ります。

(文責:和田)

開催概要
舞台芸術と「トリガーアラート」について考えるレクチャー・ワークショップ
https://kyoto-pa.org/kac-wslecture20230305/

参考リンク:
【実施報告】舞台芸術と「性的表現」について考えるレクチャー・ワークショップ(2022年度実施)
https://kyoto-pa.org/report2022_wslecture/

さよならキャンプ https://sayonara-camp.com/

 - 2023年度事業, 2023年度事業

  関連記事

インターンシップ生 E9訪問レポート

2023年9月、京都市南区東九条に位置するTHEATRE E9 KYOTO(以下 …

2023年度 舞台芸術プロデュース講座~演劇・ダンス編~

企画プロデュース・マネジメントを学ぶ未来のプロデューサーへの第一歩 強力な講師陣 …

【共催】PARA「京都アート拠点ツアー」

※本事業の開催は中止となりました。

7/12 交流会「京都という創作環境をめぐる vol.6」開催レポート

中間支援組織や施設で働く方々と実演家をつなぐ場として毎年7月に企画している交流会 …

「ASOVIVA!」研究会開催レポート

8月24日、25日に「ASOVIVA!」と題して演劇表現の研究会を行いました。こ …

2023年度インターンシップ生企画/舞台芸術を続けたい人のための交流会

この交流会は、学生を卒業しても演劇を続けるかどうか、 続けるにはどうしたらいいの …

2023年度インターンシップ募集!

2023年度もインターンシップを募集します!!京都舞台芸術協会は、実際に創作活動 …

交流会「月1だべりば」〈9月〉

月に1度、協会主催で気軽なおしゃべりの場所を設けています。目的も生産性もなくて大 …

no image
2023年度インターンシップ生紹介!

本年度インターンシップ生をご紹介します! 私は、どこにでもいる京都の大学生でした …

交流会「京都という創作環境をめぐる vol.6」(7/12)

2018年度から毎年開催している「京都の創作環境」に関する交流会を今年も実施します!
NPO法人京都舞台芸術協会 交流会
「京都という創作環境をめぐる vol.6」
日時:7月12日(水)20:00-22:00
会場:オンライン会議ツール「zoom」ミーティングルーム
参加費:無料