NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

3/17-18 コビト大学終了しました!

   

先日、子どもワークショップ事業「コビト大学」のイベントが昨年に続き、盛況のうちに終了しました。様々なジャンルのアーティストによる、大人と子どもが一緒に参加できるワークショップが勢揃い。総勢50名を超えるご参加を頂きました!

3月17日(土)ーーーーーーーーーーーーーーーー

<1時間目>
「EARTH !」
みんなが最近興味のあること・すきなものを出発点に、インターネットや
地図アプリを使って知らない場所や生き物のことを調べ、「大人をびっくり
させるおはなし」を作って発表しました。
また、そのおはなしをオリジナルの絵本にしました。


<2時間目>
「ワイワイひっそりダンス」
深呼吸や足裏のストレッチからはじめ、オリジナルのダンスをつくって発表しました。
「ねじる」「まげる」「のばす」「とぶ」の4つの要素を使って、みんなで身体を
つかったコミュニケーションを楽しみました。

 

<3時間目>
「あー!いいね〜!うんうん!ええやん!おもろいやん!」
「あいうえお作文」をつかって、オリジナルの演劇創作をしました。
頭文字だけが決まっている台本を埋めていく内、世界にひとつの物語が浮かんできます。
思いもよらぬストーリーの展開に、始終わくわくと笑いが絶えませんでした!

 

3月18日(日)ーーーーーーーーーーーーーーーー

<1時間目>
「時間をまきもどせ!」
パントマイムの特徴のひとつである「時間を操作する」。
早送り、巻き戻し、一時停止などを、言葉ではなく身体だけで表現してみます。
最後は、チームごとに短いパフォーマンスを作って発表しました。


<2時間目>
「スーパー・ハピエスト・プリン!」
短い劇の1シーンを、実際のプリンやミニチュアの動物をつかって演じてみます。
「どうすればよりハッピーな雰囲気を伝えられるか?」日常会話でつかう言葉を
少し工夫して変えてみることによって、オリジナリティが出てきました。

 

<3時間目>
「ディベートをやってみよう」
テーマを設定し、「賛成」「反対」の2チームに分かれて、より説得力のある意見を言えた
チームの勝ちです。今回は「お風呂の湯船に毎日浸かることに賛成or反対」
「将来役に立つのは音楽or図工」というものが出ました。

 

 - 事業関連, 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「俳優のためのダンスワークショップ」7月のお知らせ

7月のワークショップ「舞台上に立て、歩け、止まれ。」 俳優は内面が大事。と、共に …

no image
「俳優のためのダンスワークショップ」4月のお知らせ

4月のワークショップ「人と繋がるボディワーク」 ダンスのボディワークを通して、自 …

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」 鈍い身体に未来は無い。というのは …

森 裕子氏(ダンスWS5月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

「俳優のためのダンスワークショップ」5月の講師の森裕子さんとの対談の記録です。 …

2018年度交流会②「京都の学生劇団のイマ!」のお知らせ(9/13)

NPO法人京都舞台芸術協会 2018年度交流会②のおしらせ 9月の交流会は、東山 …

「俳優のためのダンスワークショップ」3月のお知らせ

3月のワークショップ 講師:夏目美和子/ダンサー・振付家 「味わいのある佇まい」 …

高木貴久恵(1月ダンスWS講師) × 高杉征司(舞台芸術協会理事) 対談

ガチ決め作品の魅力 高杉:先日の公演(Works-M Vol.7「クオリアの庭」 …

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …

佐藤健大郎氏(ダンスWS6月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

金塗りから始まったダンス体験 高杉:それでは今日は色々質問させていただきますよ。 …

【2018年3月17日-18日】「コビト大学〜親子で体験ワークショップ〜」開講のお知らせ

子どもと大人が一緒に学べるワークショップのイベント、「コビト大学」開催のお知らせ …