NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

2月ダンスWS講師、QUICKさんインタビュー

   

2月の「俳優のためのダンスワークショップ」はハイパーパフォーマンスグループ「MuDA」代表・ディレクターであるQUICKさんを講師にお招きしております。メールインタビューを掲載いたしますので、ワークショップの雰囲気を感じてみてください。
2月27日(土),28日(日) 各日14:30〜17:00 ※二日間で1講座
京都市東山青少年活動センター 創造活動室

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q.舞台に立つ身体に必要な要素とは何だと思いますか?

A.当たり前のことですが「準備すること」です。
舞台に立つ、人前で何かを起こす、示す、ということは、日常生活では起こりえない規模で、わざわざ世界に影響を及ぼしにいっている、ということです。
そんなつもりはなくても、実は責任重大なことを行う訳ですから、その起こす、示す、為に必要なコト、モノ、技、術、身体能力、持っていき方、通し方、回復方法、知識、等々、、、を身につけ、に向かう、ことに全力で挑まないと、なのです。(勿論、時には全くやらない、という準備もありますが。)
準備の一つが「しっくり感」の修得。
「しっくり感」というのは、そのままのことで、何かを行う時に「しっくり」くる状態のことです。
それは納得するまで話し合うことで理解が出来て「しっくり」来る、という様な形のないモノから、この立ち様は「しっくり」来ている、という鏡を見たら目視出来るモノまで様々です。
僕たちの場合は人前に晒される訳ですから、主観的にも客観的にも「しっくり」くる必要があります。
それは目的や、環境によって変わりますし、当たり前に個々に違う、身体のカタチ、可動域、癖、声、スタミナの種類、量、諸々の設定基準値、気持ち良い方向、納得の仕方、居る場所、その場での役割、あげれば切りが無いですが、それらに基づいて、その「しっくり感」も当たり前に個々に違ってきます。
その個々に沿った何かを、演出家とか監督だったり、師匠だったりが導いてくれることもあるだろうし、それがある種、演出家の仕事なのかもしれないけれど、個々に違うその何かを、考えて動いて試して重ねて、重ね直して更新し続けて、準備の一歩目「しっくり感」を見出していくのが、舞台に立つも含む、舞台に限らない、プレイヤーとして、必要なことだと思います。
それは即興的なことも、秒単位、ミリ単位で決定事項が進むことも同じだと思います。

 

 

Q.「その場所に立つという最初の負荷」とありますが、「立つという負荷」についてもう少し詳しく教えて下さい。

A.舞台に「立つ」ということは、人前に晒されるということです。
心地良いものも、厳しいものも、集団の、集中して注がれる視線は、それだけで既にもの凄い負荷です。
「立つ」までのこと、準備すること、しっくり来ること、つまり、自分を認識するということ。
身体能力、特性、環境、思想、まやかし無しに向き合うそれは、負荷到来の連続です。
それらの負荷なくして発展はなく、負荷を転換する=前に進む、発展する、ということだと考えています。
つまり負荷が掛かって止まってしまっても、また進み始め続けるということです。
「その場所に立つ最初の負荷」というのは、準備のこと、まやかし無しに、自分の問答無用の現状、理想、を認識していくということです。
今回のワークショップでは、しっくり感、重ね方、それらに基づく身体運動、独自運動制作術、肩痛、腰痛、首通、捻挫等の超回復整体術基礎など、を行う予定です。

MuDA テ・Humanelectro縲郡PIRAL縲膏hoto_Ryota MATSUMOTOphoto:Ryota MATSUMOTO

 - 未分類

Message

  関連記事

【イベント】舞台の感想を深める講座(2/23,3/2)

この講座では、全2回の枠の中で、参加者同士で課題作品についての感想を共有し、ゲス …

「舞台芸術家のための契約書作りWS」実施報告

文責:田中遊「舞台芸術家のための契約書作りWS」を実施しました。 2019/8/ …

森 裕子氏(ダンスWS5月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

「俳優のためのダンスワークショップ」5月の講師の森裕子さんとの対談の記録です。 …

「俳優のためのダンスワークショップ」3月のお知らせ

3月のワークショップ 講師:夏目美和子/ダンサー・振付家 「味わいのある佇まい」 …

no image
スアシ倶楽部「私はもう帰らない。」を観た

年間50〜60本の舞台を観ているのに、ほとんど感想らしきものを書いたことがない。仕事で講評を書くことはあるけど、それはやはり仕事だし、その舞台を観た人が読むことが前提になっているので特に抵抗はない。しかしブログに感想を書くとなると、その舞台を観ていない人には…

3/17-18 コビト大学終了しました!

先日、子どもワークショップ事業「コビト大学」のイベントが昨年に続き、盛況のうちに …

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …

交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.2」レポート

7月11日に交流会「京都という創作環境をめぐる vol.2」を開催しました。 昨 …

佐藤健大郎氏(ダンスWS6月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

金塗りから始まったダンス体験 高杉:それでは今日は色々質問させていただきますよ。 …

no image
7月ダンスWS講師、大熊隆太郎さんインタビュー

7月の「俳優のためのダンスワークショップ」、本日から開催です!! いよいよ本日か …