NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

「俳優のためのダンスワークショップ」2月のお知らせ

   

2月のワークショップ「QUICK式身体術極論」

何かに向かうという事は何かを重ね続けるという事で、その度に何かしらの負荷が掛かり続けるという事で、その負荷を転換し続けて次の何かになり続けるという事。
まずはその場所に立つという最初の負荷から。勿論、究極の方向は1なのだけれど、全ての手法はそれぞれに。しっくりくる、という事から始めたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆講師:QUICK(MuDA

◆日時:2016年2月27日(土)・28日(日) ※二日間で一講座の連続ものです
    各日とも、14:30〜17:00(開場は14:00より)

◆会 場:京都市東山青少年活動センター創造活動室
〒605-0862 京都市東山区清水5丁目130番地の6(東山区総合庁舎内2階)
TEL: 075-541-0619

◆定 員:約15名

◆受講料:3,500円/1講座(2日間)
*京都舞台芸術協会の会員は500円引き(団体会員は2名まで)

◆お申込:申し込み専用フォームから、もしくはメール(ws@kyoto-pa.org)にて
お名前・ご連絡先・希望講座名・人数をお送りください。

◆お問合せ:info@kyoto-pa.org

主 催:NPO法人京都舞台芸術協会
共 催:公益財団法人 京都市ユースサービス協会
協 力:アトリエ劇研

QUICK_Photo_kim song giphoto:kim song gi

QUICK氏プロフィール:
ハイパーパフォーマンスグループ「MuDA」代表・ディレクター。
「ぶつかることから始まる」「立ち上がり続ける」等、生命の振起活動をカタチに起こした、他者や物体、大地等と常に肉体を衝突させる、MuDA独自の身体運動を軸に活動を展開。
多様なメディアを使用した公演、展示、WS等を各地で行う。

 - 2015, 事業関連, 俳優のためのダンスワークショップ, 募集、告知, 協会員様へ

Message

  関連記事

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」 鈍い身体に未来は無い。というのは …

【イベント】2019年度交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.2」(7/11)

協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行っています。各回 …

京都舞台芸術協会 冬の交流会・忘年会のお知らせ

今年もあっという間に年末ですね。年の瀬でまだまだお忙しい方も多いかと思いますが、 …

「俳優のためのダンスワークショップ」6月のお知らせ

6月のワークショップ「線、感、触」 「身体で考える」とはどういうことでしょうか? …

「俳優のためのダンスワークショップ」5月のお知らせ

5月のワークショップ「ふれることから」 生きてこの身体ある限り、「触れること」は …

佐伯有香(11月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

  型は安心、自由は不安 高杉:今回、「振付」でやっていただけるという …

3/17-18 コビト大学終了しました!

先日、子どもワークショップ事業「コビト大学」のイベントが昨年に続き、盛況のうちに …

京都舞台芸術協会 交流会 「京都の舞台芸術、みんなのこれから」のお知らせ

京都舞台芸術協会 2015年度交流会 「京都の舞台芸術、みんなのこれから」 美味 …

THEATRE E9 KYOTO ×京都舞台芸術協会ショーケース企画 “Continue” 関連企画(随時更新)

新型コロナウィルス感染症拡大防止のために5月の実施が延期となったTHEATRE …

no image
「俳優のためのダンスワークショップ」4月のお知らせ

4月のワークショップ「人と繋がるボディワーク」 ダンスのボディワークを通して、自 …