NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

“Continue” オンラインアフタートーク

   

THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画”Continue”は、2020年5月の上演を延期したのち、およそ一年にわたる劇場と参加アーティストとの継続的な対話や関連企画の実施を経て、2021年4月末に全4日間の公演を終えました。再び感染症が広がる社会の影響を受けながらも、その幕が降りる間際まで、劇場とアーティストは連帯し、対話を続けました。
観客を迎えることができた劇場のなかで、4組のアーティストの上演はどのような作品となったのでしょうか。終演後の劇場での実施を感染症対策のため中止したアフタートークをオンラインにて開催します。

日時|2021年5月15日(土)10:30-12:00

会場|Youtube Live
   視聴URLはこちら→https://youtu.be/XVmj-_PjJ94

参加費|無料

登壇者|笠井友仁(エイチエムピー・シアターカンパニー、NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)))、田中遊(正直者の会)、西尾佳織(鳥公園)、福森美紗子(THEATRE E9 KYOTO事務局)、本間広大(ドキドキぼーいず)、松岡咲子(ドキドキぼーいず、京都舞台芸術協会)、和田ながら(鳥公園、京都舞台芸術協会)、ほか

司会|あごうさとし(THEATRE E9 KYOTO芸術監督)

主催|THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)
   NPO法人京都舞台芸術協会

ーーー

THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会
ショーケース企画“Continue” に関する詳細情報はこちら

 - 2020年度事業, 2021年度事業, 事業関連, 未分類

  関連記事

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …

【講演とワークショップ】“あなた”と“表現”を生かす『からだの使い方』──アレクサンダー・テクニックにできること

「からだの使い方」に目を向け、自分と表現のまだ見ぬ可能性を探る講演とワークショッ …

【オンラインWS】“あなた”と“表現”を生かす『からだの使い方』──アレクサンダー・テクニックにできること 2021

舞台に立つ俳優の「自分」と「表現」のまだ見ぬ可能性に、アレクサンダー・テクニック …

【イベント】2019年度交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.2」(7/11)

協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行っています。各回 …

【報告】THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画“Continue”

THEATRE E9 KYOTOと京都舞台芸術協会が協働して企画運営を行ったショ …

6/29 交流会「京都という創作環境をめぐる vol.4」開催レポート

6月29日(火)に交流会「京都という創作環境をめぐる vol.4」を実施しました …

2020年度交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.3」(7/16)

京都舞台芸術協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行って …

THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画“Continue”

昨年5月の開催を延期したTHEATRE E9 KYOTOとの共催企画を、本年4月 …

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …

佐伯有香(11月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

  型は安心、自由は不安 高杉:今回、「振付」でやっていただけるという …