NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

3月ダンスWS講師・夏目美和子さんインタビュー

   

3月の「俳優のためのダンスワークショップ」はダンサー・振付家の夏目美和子さんを講師にお招きしております。メールインタビューを掲載いたしますので、ワークショップの雰囲気を感じてみてください。
2016年3月19日(土),20日(日) 各日14:30〜17:00 ※二日間で一講座
@京都市東山青少年活動センター 創造活動室

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q. バレエの(身体)表現の特徴ってなんだと思われますか?

A. 身体自体を訓練によって徹底的に非日常化することだと思います。これは別にバレエに限らず、舞台で見せることを前提とした身体表現全ての特徴なのでしょうが、ただ、バレエはその逸脱の仕方がすごい。トゥで立つことなどは典型ですが、ほぼずっと爪先立ちのまま踊り回るなんて普通じゃない、変ですよ。笑 でも多くの人が美しい、綺麗って言う。人間というのは、なにか当たり前でないものに憧れ惹きつけられるものなんだなとつくづく思います。

因みにダンスの基礎としてバレエがよく取り入れられますが、確かにメソッドが確立していて応用力はあるのですが、扱い方を間違えるとただ癖だらけの身体を作ってしまうことにもなりかねないのです。逸脱感がすごいだけに。WSではそのあたりのことにも触れながら、なぜそれでも私がバレエにこだわるのかをご説明したいと思います。

 

Q. 舞台に立つ身体に必要不可欠な要素はなんだと思われますか?

A. 隙を意図的につくることも含め隙がないこと。

夏目美和子舞台写真撮影者:森本達郎

 - 2015, 事業関連, 俳優のためのダンスワークショップ, 募集、告知, 未分類

Message

  関連記事

桑折現(10月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

表現者の顔について 桑折:今回のワークをやるにあたって俳優の技術とか意識っていう …

「俳優のためのダンスワークショップ」5月のお知らせ

5月のワークショップ「ふれることから」 生きてこの身体ある限り、「触れること」は …

「俳優のためのダンスワークショップ」7月のお知らせ

7月のワークショップ「舞台上に立て、歩け、止まれ。」 俳優は内面が大事。と、共に …

【共催事業】ON-PAM勉強会「自治体の文化政策を知る 〜京都市の事例から」

舞台芸術の制作者を中心に国内外にネットワークを構築しているNPO法人舞台芸術者オ …

交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.2」レポート

7月11日に交流会「京都という創作環境をめぐる vol.2」を開催しました。 昨 …

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …

no image
スアシ倶楽部「私はもう帰らない。」を観た

年間50〜60本の舞台を観ているのに、ほとんど感想らしきものを書いたことがない。仕事で講評を書くことはあるけど、それはやはり仕事だし、その舞台を観た人が読むことが前提になっているので特に抵抗はない。しかしブログに感想を書くとなると、その舞台を観ていない人には…

<出演交渉、スタッフ委託交渉時>あとで揉めない為のチェックリスト

「急に役を下ろされた!」「稽古に全然来てもらえない。」「仕事の範囲、量が、後から …

7/16 交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.3」レポート

去る7月16日(木)に、今年度最初の交流会「京都という創作環境をめぐる vol.3」を開催いたしました。新型コロナウィルスの感染拡大状況を鑑み、初めてのオンライン実施(zoomを利用)を試みた交流会の様子をご報告します。(レポート作成:和田ながら)

【オンライン配信イベント】思考と技術のトーク──『稽古場』と『創作プロセス』をみつめなおす

近年、舞台芸術の創作現場では、蔓延するハラスメント問題などの影響もあり、対等な関 …