NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

【協会協力】シンポジウム 劇場におけるハラスメントを考える「個人が尊重され、豊かな対話が生まれるために」@ロームシアター京都【2/14開催】

   

2021年2月14日(日)14時よりロームシアター京都にて開催のシンポジウムに、京都舞台芸術協会が協力団体として名を連ねています。
タイトルは「劇場におけるハラスメントを考える『個人が尊重され、豊かな対話が生まれるために』」。ロームシアター京都におけるハラスメントガイドライン策定の経過報告をはじめ、劇場におけるハラスメント防止のための議論を深めるシンポジウムです。協会からは、理事の筒井が第2部のディスカッションに登壇いたします。
ただいまこちらのシンポジウムへの参加者を募集しています(参加費無料・要申込)。詳細はロームシアター京都の公式サイトをご覧ください。

ロームシアター京都|シンポジウム 劇場におけるハラスメントを考える 「個人が尊重され、豊かな対話が生まれるために」

  • 日時:2021年2月14日(日)14時~16時30分
  • 会場:ロームシアター京都 ノースホール
  • 参加料:無料(要申込)
  • 主催:公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団、京都市
    協力:KYOTO EXPERIMENT、特定非営利活動法人京都舞台芸術協会
  • シンポジウムの詳しい内容や申込方法等はロームシアター京都の情報ページをご覧ください:https://rohmtheatrekyoto.jp/join/61646/

 - 2020年度事業, 事業関連

  関連記事

佐藤健大郎氏(ダンスWS6月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

金塗りから始まったダンス体験 高杉:それでは今日は色々質問させていただきますよ。 …

《京都舞台芸術協会》なんでも相談窓口開設

京都舞台芸術協会では2018年11月からなんでも相談窓口を開設しました! 「作品 …

【2018年3月17日-18日】「コビト大学〜親子で体験ワークショップ〜」開講のお知らせ

子どもと大人が一緒に学べるワークショップのイベント、「コビト大学」開催のお知らせ …

8/1 感想シェア会① 実施報告

中川 裕貴『アウト、セーフ、フレーム』会場:ロームシアター京都 サウスホール 今 …

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …

「俳優のためのダンスワークショップ」3月のお知らせ

3月のワークショップ 講師:夏目美和子/ダンサー・振付家 「味わいのある佇まい」 …

no image
「俳優のためのダンスワークショップ」4月のお知らせ

4月のワークショップ「人と繋がるボディワーク」 ダンスのボディワークを通して、自 …

森 裕子氏(ダンスWS5月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

「俳優のためのダンスワークショップ」5月の講師の森裕子さんとの対談の記録です。 …

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」 鈍い身体に未来は無い。というのは …

座談会企画「舞台芸術における”働き方”とはなにか」(1/25実施)

舞台芸術の創作環境を「労働」という視点から捉えなおしてみる企画です。劇場での拘束 …