NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

   

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」

舞台に立つということは身体を晒し、見せる行為が存在します。そのための技術とはなにか?
自身・他者・空間・時間・リズム・形・強弱に対する意識と無意識の気づきを体験してもらい、個々の存在感につながる技術について考えていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆講師:きたまり(KIKIKIKIKIKI/振付家・ダンサー)

◆日時:2015年12月14日(月)・15日(火) ※二日間で一講座の連続ものです
    各日とも、18:30〜21:00(開場は18:00より)

◆会 場:京都市東山青少年活動センター創造活動室
〒605-0862 京都市東山区清水5丁目130番地の6(東山区総合庁舎内2階)
TEL: 075-541-0619

◆定 員:約15名

◆受講料:3,500円/1講座(2日間)
*京都舞台芸術協会の会員は500円引き(団体会員は2名まで)

◆お申込:申し込み専用フォームから、もしくはメール(ws@kyoto-pa.org)にて
お名前・ご連絡先・希望講座名・人数をお送りください。

◆お問合せ:info@kyoto-pa.org

主 催:NPO法人京都舞台芸術協会
共 催:公益財団法人 京都市ユースサービス協会
協 力:アトリエ劇研

Yujiro Sagami撮影:Yujiro Sagami

きたまり氏 プロフィール:
2003年よりKIKIKIKIKIKI主宰。ダンサーとしての身体性を武器に数多くの演劇作品に出演。ダンスと舞台芸術の可能性の広がりを目指し、2013年「DanceFanfare Kyoto」を立ち上げる。アトリエ劇研アソシエイトアーティスト。

 

Yoichi Tsukada撮影:Yoichi Tsukada

 - 2015, 事業関連, 俳優のためのダンスワークショップ, 募集、告知

Message

  関連記事

【イベント】感想シェア会②【2020年10月27日(火)】

感想シェア会は、作品についての感想を、同じ作品を観劇した参加者同士で共有する会で …

「文化庁「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付に対する抗議文」への賛同を表明しました

10月14日に実施しました理事会におきまして、「あいちトリエンナーレ2019」へ …

【イベント】2019年度交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.2」(7/11)

協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行っています。各回 …

【講演とワークショップ】“あなた”と“表現”を生かす『からだの使い方』──アレクサンダー・テクニックにできること

「からだの使い方」に目を向け、自分と表現のまだ見ぬ可能性を探る講演とワークショッ …

桑折現(10月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

表現者の顔について 桑折:今回のワークをやるにあたって俳優の技術とか意識っていう …

佐藤健大郎氏(ダンスWS6月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

金塗りから始まったダンス体験 高杉:それでは今日は色々質問させていただきますよ。 …

2020年度交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.3」(7/16)

京都舞台芸術協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行って …

【イベント】交流会part3「演劇in学校っ!」

「演劇 in 学校っ!」   演劇部の活動やクラス劇の運営等「演劇in …

「俳優のためのダンスワークショップ」1月のお知らせ

1月のワークショップ「身体を鳴らす、届ける。」 シンプルな動きをベースに、質感、 …

交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.2」レポート

7月11日に交流会「京都という創作環境をめぐる vol.2」を開催しました。 昨 …