NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

「俳優のためのダンスワークショップ」5月のお知らせ

      2015/10/09

5月のワークショップ「ふれることから」

生きてこの身体ある限り、「触れること」は常に人間の感覚と思考に大きな影響を及ぼす知覚のひとつです。普段は視覚や聴覚の影に隠れがちなこの知覚に焦点を当てることで、普段は意識化されていない感覚を意識し、そこから深めることのできる身体へのアプローチを探求します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆講師:森 裕子(Monochrome Circus)

◆日時:2015年5月19日(火)・25日(月) 連続
    各日とも、18:30〜21:00

◆会 場:京都市東山青少年活動センター創造活動室
〒605-0862 京都市東山区清水5丁目130番地の6(東山区総合庁舎内2階)
TEL: 075-541-0619

◆定 員:約15名

◆受講料:3,500円/1講座(2日間)
*京都舞台芸術協会の会員は500円引き(団体会員は2名まで)

◆お申込:申し込み専用フォームから、もしくはメール(ws@kyoto-pa.org)にて
お名前・ご連絡先・希望講座名・人数をお送りください。

◆お問合せ:info@kyoto-pa.org

主 催:NPO法人京都舞台芸術協会
共 催:公益財団法人 京都市ユースサービス協会

森 裕子 プロフィール:
ダンサー・振付家。’96年よりMonochrome Circusのメンバーとして、カンパニーの主要作品に出演。小柄で中性的な身体、そして機敏な動きが魅力。指導者としても様々な対象に向け各地でコンタクト・インプロヴィゼーションや「身体への気づき」のワークショップを多数行う。

 

 

 

 - 2015, 事業関連, 俳優のためのダンスワークショップ, 募集、告知, 協会員様へ

  関連記事

12/9 感想シェア会③ 実施報告

  2019/12/09 したため『擬娩』  会場:Thea …

【講演とワークショップ】“あなた”と“表現”を生かす『からだの使い方』──アレクサンダー・テクニックにできること

「からだの使い方」に目を向け、自分と表現のまだ見ぬ可能性を探る講演とワークショッ …

「文化庁「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付に対する抗議文」への賛同を表明しました

10月14日に実施しました理事会におきまして、「あいちトリエンナーレ2019」へ …

【イベント】「舞台芸術家のための法律セミナー」

今年に入ってからも様々なトラブルが尽きない、小劇場界。 京都舞台芸術協会相談窓口 …

「俳優のためのダンスワークショップ」4月の回

NPO法人京都舞台芸術協会主催で2015年度丸一年がかりで「俳優のためのダンスワ …

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …

【実施報告】”あなた”と”表現”を生かす「からだの使い方」──アレクサンダー・テクニックにできること 2021(2021.8.9)

2021年8月9日、俳優のためのワークショップ企画「”あなた&#82 …

【オンライン配信イベント】思考と技術のトーク──『稽古場』と『創作プロセス』をみつめなおす

近年、舞台芸術の創作現場では、蔓延するハラスメント問題などの影響もあり、対等な関 …

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …

【イベント】2019年度交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.2」(7/11)

協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行っています。各回 …