NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

【2018年3月17日-18日】「コビト大学〜親子で体験ワークショップ〜」開講のお知らせ

   

子どもと大人が一緒に学べるワークショップのイベント、「コビト大学」開催のお知らせです。

「コビト大学」は、京都を中心に活動する劇作家や演出家、俳優、ダンサー、パフォーマーなどが講師となり、主に親子世代を対象に、パフォーミングアーツや工作を通した物語づくりや身体表現など、様々なワークショップを行う企画です。
頭も身体も心も使って、思いっきり表現することを楽しもう!

参加申し込みはこちら。

◆開講日時
2018年3月17日(土)・18日(日)
会場:京都市東山青少年活動センター ミーティングルームB
参加費:無料<要事前申し込み>
※参加人数は各回15名ずつです。先着順ですのでご注意ください。
※講座開始の15分前から会場にお入り頂けます。


 

◆3/17(土)のプログラム
10:30-12:00
「EARTH !」
講師:たみお(ユリイカ百貨店)
ジャンル:ものがたりづくり・ARで遊ぶ
対象:小学1年生〜6年生
グーグルマップから世界中の国や環境を選び、そこから物語を作る、地球と物語のWorkshopです。主人公は、じぶん?ゴジラ?宇宙人?どうぞ自由にデザインしてみてください。環境がどんなふうに人(もの)と物語を作るのかを体験してゆきますよ。どうぞお楽しみに。

13:00-14:30
「ワイワイひっそりダンス」
講師:川瀬亜衣、中谷和代(ソノノチ)
ジャンル:ダンス
対象:小学生以上
みなさんの身体(からだ)はどんなかたちやつくりをしていますか?まずは身体をほぐすウォーミングアップからはじめ、動きを作り踊ってみましょう。どんな風に見えますか?またその時、どんな心地がするでしょうか?

15:00-16:30
「あー!いいね〜!うんうん!ええやん!おもろいやん!」
講師:紙本明子(劇団衛星)、柴田惇朗
ジャンル:演劇
対象:小学生以上
「あいうえお作文」で会話を作ってみましょう。作った会話をお芝居にして発表します!「あいうえお作文」から、いったいどんなお芝居ができるかな?

◆3/18(日)のプログラム
10:30-12:00
「時間をまきもどせ!」
講師:黒木夏海
ジャンル:マイム
対象:小学生以上
タイムマシンでちょっとだけ時間をまきもどして、なかったことにできたらなぁ…なんていうことが、マイムを使えばできるかもしれません。「時間がとまる、まきもどる。」そんなふうに見せる身体のコツを発見しながら、一緒にやってみましょう。

13:00-14:00
「スーパー・ハピエスト・プリン!」
講師:渡辺たくみ(nidone.works)
ジャンル:演劇・お話づくり
対象:小学生〜高校生
プリンをあげる側・もらう側の会話に工夫をくわえてオリジナルの会話をつくり、サバンナを舞台にしたミニチュアで表現してみます。よくある挨拶や言葉をどこまでハッピーにできるか、一緒にチャレンジしてみましょう!

15:00-16:30
「ディベートをやってみよう」
講師:高間 響(笑の内閣)
ジャンル:言葉のコミュニケーション
対象:中学生〜高校生
ディベートとは、ある話題について異なる立場に別れて議論をすることです。とても難しいことに思えますが、演劇的な手法を使ってみると、とても楽しく出来ます。どうすれば説得力が増す意見を言えるのか、そのテクニックを一緒に考えて、普段の生活にも役立てましょう。


 

◆会場
京都市東山青少年活動センター ミーティングルームB
(京都市東山区清水5丁目130-6[東山区総合庁舎内2階])
・京阪本線「清水五条駅」より徒歩15分
・市バス202,206,207系統「清水道」下車すぐ
アクセスはこちら

◆参加費
無料(要事前申込)

◆お申込方法
1)メールフォームから
2)メールから
参加される方のお名前、参加人数、学年、希望するプログラム名、メールアドレス、お電話番号を記載して、kpaokodomo@gmail.com へお申し込みください。

◆お問い合わせ、お申し込み
NPO法人 京都舞台芸術協会
メール:kpaokodomo@gmail.com
ウェブ:http://kyoto-pa.org

主催:特定非営利活動法人 京都舞台芸術協会
協力:京都市東山青少年活動センター
後援:京都市教育委員会
平成29年度「子どもゆめ基金 助成活動」

 - 事業関連, 募集、告知, 協会員様へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「俳優のためのダンスワークショップ」7月のお知らせ

7月のワークショップ「舞台上に立て、歩け、止まれ。」 俳優は内面が大事。と、共に …

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」 鈍い身体に未来は無い。というのは …

「俳優のためのダンスワークショップ」2月のお知らせ

2月のワークショップ「QUICK式身体術極論」 何かに向かうという事は何かを重ね …

「俳優のためのダンスワークショップ」6月のお知らせ

6月のワークショップ「線、感、触」 「身体で考える」とはどういうことでしょうか? …

「俳優のためのダンスワークショップ」を開催します。

「俳優のためのダンスワークショップ」 ダンスを学び、俳優になる――舞台に立つ<俳 …

「俳優のためのダンスワークショップ」4月の回

NPO法人京都舞台芸術協会主催で2015年度丸一年がかりで「俳優のためのダンスワ …

「俳優のためのダンスワークショップ」11月のお知らせ

11月のワークショップ「振付とおどる」 振付の各シークエンスに潜む情報を少しずつ …

no image
7月ダンスWS講師、大熊隆太郎さんインタビュー

7月の「俳優のためのダンスワークショップ」、本日から開催です!! いよいよ本日か …

「俳優のためのダンスワークショップ」3月のお知らせ

3月のワークショップ 講師:夏目美和子/ダンサー・振付家 「味わいのある佇まい」 …

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …