NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

9/15 感想シェア会① 実施報告

      2019/10/15

9月15日(日)に、感想シェア会の第一回を実施しました。

<対象公演>
 
安住の地『Qu’est-ce que c’est que moi?(ケスクセクモア)』
会場:Theatre E9 Kyoto


観劇後、劇場に併設されたカフェのテラス席で感想シェア会を開催しました。
まずは会の趣旨の説明のあと、以下を実施しました。

●今回の作品が音楽劇だったことにちなんで、「今回の芝居を、音(もしくは音楽)で例えるとどんな音ですか?」というテーマを設定してみました。
書けたら、一人ずつ発表していきます。具体的な物音や、実際に劇中で使われていて印象に残った音・音楽をあげた方もいました。


●フリートーク
作品の感想や、気になったシーンについて意見を交わしました。俳優、演出、スタッフワークについて、同じシーンを観ても、人によって焦点を当てる部分が異なります。シーンごとの演出の意図や創作のプロセスについて、上演団体のメンバーに聞いてみたいという声もあがりました。

参加者が変われば、そこで話される内容も全く違うものになるでしょうし、観たものを複数人で言語化・シェアすることで鑑賞体験が深まり、次回以降の鑑賞にも生きてくるのではないかと思いました。

次回、感想シェア会は以下の対象公演で行う予定です。
日程が決まり次第、またウェブサイトやSNS等でも告知しますので、皆さまぜひご参加ください。

【第2回対象公演】11月27日(水)〜12月1日(日)
 第27次笑の内閣 『ただしヤクザを除く』@Theatre E9 Kyoto

【第3回対象公演】12月6日(金)〜12月9日(月)
 したため#7 『擬娩』 @Theatre E9 Kyoto

担当:中谷

 - 2019年度事業, 事業関連

  関連記事

「俳優のためのダンスワークショップ」7月のお知らせ

7月のワークショップ「舞台上に立て、歩け、止まれ。」 俳優は内面が大事。と、共に …

no image
【協会協力】シンポジウム 劇場におけるハラスメントを考える「個人が尊重され、豊かな対話が生まれるために」@ロームシアター京都【2/14開催】

2021年2月14日(日)14時よりロームシアター京都にて開催のシンポジウムに、 …

【共催事業】ON-PAM勉強会「自治体の文化政策を知る 〜京都市の事例から」

舞台芸術の制作者を中心に国内外にネットワークを構築しているNPO法人舞台芸術者オ …

「俳優のためのダンスワークショップ」11月のお知らせ

11月のワークショップ「振付とおどる」 振付の各シークエンスに潜む情報を少しずつ …

「俳優のためのダンスワークショップ」を開催します。

「俳優のためのダンスワークショップ」 ダンスを学び、俳優になる――舞台に立つ<俳 …

舞台芸術家のための契約書作りワークショップ_参加募集

舞台芸術協会では2019年8月18日「舞台芸術家のための契約書作りワークショップ …

“Continue” オンラインアフタートーク

THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画” …

7/16 交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.3」レポート

去る7月16日(木)に、今年度最初の交流会「京都という創作環境をめぐる vol.3」を開催いたしました。新型コロナウィルスの感染拡大状況を鑑み、初めてのオンライン実施(zoomを利用)を試みた交流会の様子をご報告します。(レポート作成:和田ながら)

2020年度交流会②「舞台芸術の行く先」(10/6)

京都舞台芸術協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行って …

10/6交流会②「舞台芸術の行く先」レポート

10月6日(火)19:30~21:30に「舞台芸術の行く先」と題して開催いたしま …