NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

7月ダンスWS講師、大熊隆太郎さんインタビュー

      2015/10/09

7月の「俳優のためのダンスワークショップ」、本日から開催です!!
いよいよ本日から2日間、劇団壱劇屋の大熊隆太郎さんによる俳優のためのダンスワークショップが始まります。それに先立ち、メールインタビューを行いました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Q 舞台に立つ俳優に必要な身体スキルとは?
A 脱力と緊張。分解・重心・固定。インナーマッスル。重力のコントロール。

Q 今回のテーマが「舞台に立て、歩け、止まれ。」ということで、「外面も大事」ということなんですが、具体的にはどういった内容になるのでしょうか。
A 立ち姿、歩き姿、走り姿の考察。重力や関節を意識した動き。人間を配置した時の構図を見てみる。

Q 大熊さんにとって“いい俳優”だと思うポイントを教えて下さい。
A オールラウンダーな俳優。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

簡潔な答えの中に潜む、普段なかなか俳優が気にすることのない要素。
マイムの技術を活かした表現を取り入れられた演出作品を創りだすのと同時に、いわゆる“会話劇”のような特に身体表現に重きをおいているわけではないお芝居にも出演されておられる大熊さんの考える「オールラウンダーな俳優」とは?言葉では説明できないからこそワークショップに参加!!

参加申し込みまだまだ受付中です。お待ちしております。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e7b52ae8352122

 - 2015, 事業関連, 俳優のためのダンスワークショップ, 未分類

  関連記事

森 裕子氏(ダンスWS5月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

「俳優のためのダンスワークショップ」5月の講師の森裕子さんとの対談の記録です。 …

7/16 交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.3」レポート

去る7月16日(木)に、今年度最初の交流会「京都という創作環境をめぐる vol.3」を開催いたしました。新型コロナウィルスの感染拡大状況を鑑み、初めてのオンライン実施(zoomを利用)を試みた交流会の様子をご報告します。(レポート作成:和田ながら)

2020年度交流会②「舞台芸術の行く先」(10/6)

京都舞台芸術協会では、舞台芸術に関わるさまざまな人をつなぐ交流会を継続的に行って …

no image
スアシ倶楽部「私はもう帰らない。」を観た

年間50〜60本の舞台を観ているのに、ほとんど感想らしきものを書いたことがない。仕事で講評を書くことはあるけど、それはやはり仕事だし、その舞台を観た人が読むことが前提になっているので特に抵抗はない。しかしブログに感想を書くとなると、その舞台を観ていない人には…

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …

【報告】THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画“Continue”

THEATRE E9 KYOTOと京都舞台芸術協会が協働して企画運営を行ったショ …

10/6交流会②「舞台芸術の行く先」レポート

10月6日(火)19:30~21:30に「舞台芸術の行く先」と題して開催いたしま …

佐藤健大郎氏(ダンスWS6月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

金塗りから始まったダンス体験 高杉:それでは今日は色々質問させていただきますよ。 …

【実施報告】”あなた”と”表現”を生かす「からだの使い方」──アレクサンダー・テクニックにできること(2020.11.23)

去る2020年11月23日、俳優のためのワークショップ企画「”あなた …

【実施報告】”あなた”と”表現”を生かす「からだの使い方」──アレクサンダー・テクニックにできること 2021(2021.8.9)

2021年8月9日、俳優のためのワークショップ企画「”あなた&#82 …