NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

交流会①「京都という創作環境をめぐる vol.2」レポート

      2019/07/18

7月11日に交流会「京都という創作環境をめぐる vol.2」を開催しました。

昨年の同じ時期、創造環境の整備や課題解決など、京都舞台芸術協会と近いミッションを持っている芸術支援団体の方々をお誘いして「京都という創作環境をめぐる vol.1」を開催したとき、会場のそこここで「初めまして」の声がたくさん聞こえました。京都はコンパクトな街でアートに関わる人々の距離感も近い…確かにそうとも言えるけれど、しかし、日々の活動エリアが少し異なるだけで出会えていない人も、実は多いのかもしれない。しかも、年度があらたまるごとに、京都に新しくやってくる人もいる。こういった交流会のような機会は、一度きりではなく継続的に必要なのではないだろうか?
ということで、vol.2となった本テーマ。

乾杯!

四条烏丸にほど近い居酒屋に続々と集まってきた参加者は合計で20名。現役の大学生・大学院生、劇場や芸術関係の施設で働いている方、劇団・ダンスカンパニーの制作者、昨年も参加してくださったリピーター、NPO法人の職員、テクニカルスタッフ、演出家、演劇祭の運営に関わっているひと、などなど、世代もご所属もお仕事も実に多彩。なかには関西に引っ越してきてまだ50日しか経っていないという人物も!

ひとりずつ自己紹介。

まずは協会理事長・田中遊の掛け声で乾杯して、簡単な自己紹介をひとまわり。そこからは、各テーブルでお料理をつつきながらフリートーク。お隣の部屋の宴会がそこそこのボリュームで盛り上がっているので、ちょっぴり声を張りながら…。

2回、全体の席替えをして人と人の組み合わせをシャッフルすると、また新しい話題に花が咲き、予定の3時間はあっという間に過ぎてしまいました。最後にはPRタイムを設け、チラシを配りあって、みなさんが関わっている公演や企画を紹介していただきました。

最後に集合写真!

しとしと雨が降る中、解散。そして、まだ話し足りないな…というメンバーは二次会に流れていきました。

この交流会を新しいネットワークづくりの機会として活用しようという参加者のみなさんのアクティブさとフランクさもあって、とても良い場になったと思っています。みなさんにとって、なにか未来につながる種になれたら幸いです。

次回の交流会は10月を予定しています。テーマ、内容など、決定次第またお知らせいたします。今後もどうぞご注目ください。

担当理事 和田ながら

 - 2019年度事業, 事業関連, 未分類

  関連記事

2018年度交流会②「京都の学生劇団のイマ!」のお知らせ(9/13)

NPO法人京都舞台芸術協会 2018年度交流会②のおしらせ 9月の交流会は、東山 …

契約書作りWS開催まもなく。(模擬WSやってみました!)

8月18日14:30より「舞台芸術化のための契約書作りワークショップ」を開催しま …

no image
「俳優のためのダンスワークショップ」4月のお知らせ

4月のワークショップ「人と繋がるボディワーク」 ダンスのボディワークを通して、自 …

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」 鈍い身体に未来は無い。というのは …

no image
2018年度後半の事業チラシ完成のお知らせ

2019年度後半の事業のお知らせをまとめたチラシを作成いたしました。 11月 な …

森 裕子氏(ダンスWS5月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

「俳優のためのダンスワークショップ」5月の講師の森裕子さんとの対談の記録です。 …

舞台芸術家のための契約書作りワークショップ_参加募集

舞台芸術協会では2019年8月18日「舞台芸術家のための契約書作りワークショップ …

佐藤健大郎氏(ダンスWS6月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

金塗りから始まったダンス体験 高杉:それでは今日は色々質問させていただきますよ。 …

「俳優のためのダンスワークショップ」5月のお知らせ

5月のワークショップ「ふれることから」 生きてこの身体ある限り、「触れること」は …

「俳優のためのダンスワークショップ」7月のお知らせ

7月のワークショップ「舞台上に立て、歩け、止まれ。」 俳優は内面が大事。と、共に …