NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

7月ダンスWS講師、大熊隆太郎さんインタビュー

      2015/10/09

7月の「俳優のためのダンスワークショップ」、本日から開催です!!
いよいよ本日から2日間、劇団壱劇屋の大熊隆太郎さんによる俳優のためのダンスワークショップが始まります。それに先立ち、メールインタビューを行いました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Q 舞台に立つ俳優に必要な身体スキルとは?
A 脱力と緊張。分解・重心・固定。インナーマッスル。重力のコントロール。

Q 今回のテーマが「舞台に立て、歩け、止まれ。」ということで、「外面も大事」ということなんですが、具体的にはどういった内容になるのでしょうか。
A 立ち姿、歩き姿、走り姿の考察。重力や関節を意識した動き。人間を配置した時の構図を見てみる。

Q 大熊さんにとって“いい俳優”だと思うポイントを教えて下さい。
A オールラウンダーな俳優。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

簡潔な答えの中に潜む、普段なかなか俳優が気にすることのない要素。
マイムの技術を活かした表現を取り入れられた演出作品を創りだすのと同時に、いわゆる“会話劇”のような特に身体表現に重きをおいているわけではないお芝居にも出演されておられる大熊さんの考える「オールラウンダーな俳優」とは?言葉では説明できないからこそワークショップに参加!!

参加申し込みまだまだ受付中です。お待ちしております。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e7b52ae8352122

 - 2015, 事業関連, 俳優のためのダンスワークショップ, 未分類

  関連記事

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …

no image
スアシ倶楽部「私はもう帰らない。」を観た

年間50〜60本の舞台を観ているのに、ほとんど感想らしきものを書いたことがない。仕事で講評を書くことはあるけど、それはやはり仕事だし、その舞台を観た人が読むことが前提になっているので特に抵抗はない。しかしブログに感想を書くとなると、その舞台を観ていない人には…

桑折現(10月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

表現者の顔について 桑折:今回のワークをやるにあたって俳優の技術とか意識っていう …

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」 鈍い身体に未来は無い。というのは …

佐伯有香(11月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

  型は安心、自由は不安 高杉:今回、「振付」でやっていただけるという …

「俳優のためのダンスワークショップ」1月のお知らせ

1月のワークショップ「身体を鳴らす、届ける。」 シンプルな動きをベースに、質感、 …

「俳優のためのダンスワークショップ」4月の回

NPO法人京都舞台芸術協会主催で2015年度丸一年がかりで「俳優のためのダンスワ …

京都舞台芸術協会 交流会 「京都の舞台芸術、みんなのこれから」のお知らせ

京都舞台芸術協会 2015年度交流会 「京都の舞台芸術、みんなのこれから」 美味 …

「俳優のためのダンスワークショップ」5月のお知らせ

5月のワークショップ「ふれることから」 生きてこの身体ある限り、「触れること」は …

【2018年3月17日-18日】「コビト大学〜親子で体験ワークショップ〜」開講のお知らせ

子どもと大人が一緒に学べるワークショップのイベント、「コビト大学」開催のお知らせ …