NPO法人 京都舞台芸術協会 – Kyoto Performing Arts Organization

京都を中心に地域の舞台芸術家同志の交流や人材育成事業、創作環境の整備を主な目的として活動を行う団体です。

*

「俳優のためのダンスワークショップ」8月のお知らせ

      2015/10/09

8月のワークショップ「身体を読む 気配を読む」

鈍い身体に未来は無い。というのは言い過ぎでしょうか。視覚情報に偏りがちな昨今の環境の中で、退化しつつある感覚を呼び覚ますことから始めていきましょう。ペアやグループでのワークを重ねる中で身体の感度が上がることを実感します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆講師:隅地 茉歩

◆日時:2015年8月11日(火)・18日(火) 連続
    各日とも、18:30〜21:00

◆会 場:京都市東山青少年活動センター創造活動室
〒605-0862 京都市東山区清水5丁目130番地の6(東山区総合庁舎内2階)
TEL: 075-541-0619

◆定 員:約15名

◆受講料:3,500円/1講座(2日間)
*京都舞台芸術協会の会員は500円引き(団体会員は2名まで)

◆お申込:申し込み専用フォームから、もしくはメール(ws@kyoto-pa.org)にて
お名前・ご連絡先・希望講座名・人数をお送りください。

◆お問合せ:info@kyoto-pa.org

主 催:NPO法人京都舞台芸術協会
共 催:公益財団法人 京都市ユースサービス協会

写真隅地茉歩氏 プロフィール:
成人後ダンスと出会い、1997年セレノグラフィカを設立。
繊細で大胆な作風、緻密な身体操作が持ち味。「身体と心に届くダンス」を伝えるべく全国各地へ遠征の日々を過ごす。
TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD2005「次代を担う振付家賞」受賞。

 

 

牛椿まほソロ撮影:阿部綾子
星取りまほソロその㈪のB

 - 2015, 事業関連, 俳優のためのダンスワークショップ, 募集、告知, 協会員様へ

  関連記事

隅地茉歩氏(8月ダンスWS講師)× 高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

身体への意識は自分の演技へのチェック機関 高杉:いよいよ近づいてまいりましたね。 …

「俳優のためのダンスワークショップ」6月のお知らせ

6月のワークショップ「線、感、触」 「身体で考える」とはどういうことでしょうか? …

京都舞台芸術協会 交流会 「京都の舞台芸術、みんなのこれから」のお知らせ

京都舞台芸術協会 2015年度交流会 「京都の舞台芸術、みんなのこれから」 美味 …

京都舞台芸術協会 冬の交流会・忘年会のお知らせ

今年もあっという間に年末ですね。年の瀬でまだまだお忙しい方も多いかと思いますが、 …

桑折現(10月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

表現者の顔について 桑折:今回のワークをやるにあたって俳優の技術とか意識っていう …

「俳優のためのダンスワークショップ」5月のお知らせ

5月のワークショップ「ふれることから」 生きてこの身体ある限り、「触れること」は …

森 裕子氏(ダンスWS5月講師)×高杉征司(舞台芸術協会理事)対談

「俳優のためのダンスワークショップ」5月の講師の森裕子さんとの対談の記録です。 …

テスト

テスト投稿です。 今後、京都舞台芸術協会からのお知らせと、協会員様 向けのご案内 …

「俳優のためのダンスワークショップ」12月のお知らせ

12月のワークショップ「晒す、見せる、技術と意識」 舞台に立つということは身体を …

佐伯有香(11月ダンスWS講師)×高杉征司(舞台芸術協会 理事)対談

  型は安心、自由は不安 高杉:今回、「振付」でやっていただけるという …